福田 お役立ち

Thunderbirdのアドオン「後で送信」を追加して送信予約をする

Thunderbirdのアドオン「後で送信」を追加して送信予約をする

 

こんにちは、福田です。

 

みなさん、メーラーは何を使われてますか?

僕はここ数年Thunderbirdを使っているのですが、便利なアドオンがあったので、ご紹介します。

 

 

お客様からの更新依頼で、たまーに

「年末に新メニュー追加するから更新するの覚えといて」

とか、遠い未来の更新を依頼されることがあります。

 

そんな時にこの「後で送信」をThunderbirdに追加すると

未来の自分にメールを送る事が出来るわけです。

 

 

では早速アドオンを追加しましょう!

まずは「ツール」→「アドオン」

 

左側のメニュー「拡張機能」を選択して、右上の検索窓に「後で送信」と入力して検索します。

 

インストールボタンを押すと、「今すぐ再起動する」ボタンが出てきますので、クリックしてThunderbirdを再起動してください。

 

Thunderbirdが再起動して立ち上がると「後で送信」アドオンがインストールされて使えるようになってます。

すると新規メール作成して、「ファイル」→「後で送信」が選択できるようになります。

 

下の図のようなウィンドウが開きますので、メールを送りたい未来の日時を設定します。

 

日時を設定したら最後に「設定した日時が表示されているボタン」を押します。
※↓の図の赤線で囲ったボタンです。

 

これで送信予約が完了します。

送信予約されているメールは「下書き」フォルダに入って設定した日時が来るとメールが送信されます。

 

送信日時が来る前にメール内容を編集する場合は、編集する時点で予約が解除されてしまいますので、編集する場合は再度予約日時を設定してください。

 

これで年末の更新も忘れずに済みますね!