郡浜 お役立ち

Google Search Consoleのドメインプロパティを追加してwwwありなしとhttp、httpsをまとめたデータで確認する

こんにちは!
長い長いGWが空けて、5/7から通常営業の弊社ですが令和も何卒宜しくお願い致します。

さてさて、いつぞやからSearch Consoleの画面がこんな感じに新しくなりましたよね

しばらく横目で見ながら「以前のバージョンに戻す」で、慣れ親しんだ画面で設定していたのですが、
だんだん以前の機能が使えなくなってきたので、
今回、新しいバージョンの画面にて探り探り設定してみました。

そこで、以前のバージョンまであった、
wwwありなし、http、httpsの全バージョンのプロパティを追加して、すべてのプロパティをグループ化して管理する「プロパティセット」が無くなっていることに気づきました。

ではでは、どうすればよいのか・・

新バージョンでは、「ドメインプロパティ」という機能が追加されたようです!

ドメインプロパティを利用するとwwwありなし、http、httpsなどの全てのデータを同じドメインのデータとして一つのデータで集計できるとのこと!

早速「ドメインプロパティ」を追加してみます。

 

①まず「プロパティを追加」します

②「プロパティタイプの選択」にてドメインを入力し

③DNSレコードでドメインの所有権を確認します

④サーバーにログインしてDNSレコード設定に、発行したTXTレコードを設定し、しばらく待ちます。
※すぐに反映されないので1時間くらいは待ってみてください

⑤DNSレコードが反映されるとSearch Consoleの画面で所有権が確認されるので、これで完了です!

 

この操作で、ドメインプロパティを追加すればこれまでSearch Consoleで
wwwありなし、http、httpsなどいくつもプロパティを設定していた作業の手間が減りますし、
ドメイン単位なので、サブドメインなども一緒に集計することが出来ます。

一度設定してみれば簡単な作業なので、今後も活用していこうと思います~♪